コラーゲン女王が美しくなる秘訣

コラーゲンが体内に与える効果

コラーゲンとはたんぱく質の一種で実は私たちの体のいたるところに存在しています。
関節や皮膚や筋肉や内臓や眼球などに含まれ細胞と細胞をつなぎとめる役割をしています。コラーゲンは3本のらせん状構造になっておりばねのように伸び縮みするので肌のつやとハリが保たれるのです。また美肌効果だけでなく骨を強くしたり老眼予防にも効果があります。

コラーゲンは動物の皮膚や骨や軟骨に多く含まれるため摂取しにくいことが難点です。しかし手軽にコラーゲンを摂取できる食物があります。それはマシュマロです。マシュマロは小腸でゼラチンに分解されコラーゲンとして摂取できるのです。1日に10個食べれば1日の摂取量を取れます。カロリーは高めなので個数を減らしてサプリで補うことも有効です。

TIG85_kumanoningyouwomottehohoemu500

コラーゲンサプリで効果的に摂取

コラーゲンが美容にいい成分であるという事はご存知の方が多いと思います。コラーゲンはお肌の若さを保つためには欠かせないものです。では、実際にコラーゲンは肌の内部でどのような役割を果たしてくれているのでしょうか。コラーゲンは肌の深部にある、真皮層に存在する、繊維状のものです。ばねのようなもので、肌の弾力を保つのになくてはならない存在です。

食物からも摂取できるコラーゲン

ただ、コラーゲンは20代半ばを境に、肌の中での生産がなくなっていくのです。ですから、30代くらいになると、肌の弾力や、ほうれい線が急に気になってくるのです。ですから、今現在肌内部にあるコラーゲンを大切にしなくてはならないのです。例えば、コラーゲンは紫外線によってダメージを受けると、効果がなくなるので、必ず日焼け止めをつけるようにしましょう。そして、コラーゲンは肌の上からは直接浸透しないものです。ですから、コラーゲンは食物として摂取するのが一番、肌に効果的なのです。

最新投稿

  • コラーゲンが体内に与える効果

    コラーゲンとは人体の皮膚や腱や軟骨などを形成するたんぱく質の一種であり、食物ではゼラチンや鳥の皮などに多く含ま …

    続きを読む...

  • コラーゲンでぷるぷる肌に

    コラーゲンはもともと体内に大量に存在するもの。 人間の体内のたんぱく質の約3割にあたると言われています。骨や軟 …

    続きを読む...

  • コラーゲンについて注意したい点について

    コラーゲンという、体に良いイメージがある。 皮膚の成分の一つとしてコラーゲンがある。そしてそのコラーゲンを食べ …

    続きを読む...

  • コラーゲンにはアンチエイジング効果あるのか

    アンチエイジングにはコラーゲンって本当? コラーゲンにはアンチエイジング効果があるのかどうか、というともちろん …

    続きを読む...