コラーゲンでぷるぷる肌に

コラーゲンはもともと体内に大量に存在するもの。

人間の体内のたんぱく質の約3割にあたると言われています。骨や軟骨、筋肉、腱で大切な役割を担っていますが、やはり有名なのは肌での働きでしょう。
肌の奥に存在し、これがあるから肌はふっくらぷるぷるでいられるのです。しかし加齢やストレスなどで肌の保有するコラーゲン量が減ってしまうこともあります。
そうなると元気を感じさせない潤いの無い肌になってしまうのです。

紫外線には特に注意

紫外線が美肌の大敵ということはよく知られていますが、もともと肌は少しくらいのダメージは跳ね返す機能があるもの。
しかし弱った肌ではそれも出来ずに、そのままダメージが直撃してしまいさらに弱ることになります。そうならないためにも必須なものであると言えます。
コラーゲンは食品にも多く含まれています。

軟骨やふかひれ、ゼラチンを使用したゼリーやマシュマロなどが有名ですが、実はここからの接取はあまり効果を期待できません。
ほとんどが吸収されずに排出されてしまうからです。体内でコラーゲンを合成することもできますが、それにはビタミンCやリシンなどが必要になります。
ですからサプリメントでコラーゲンを接種したい場合はその成分に注目して選ばなければなりません。
ただ配合されているだけでは効果プラシーボのみになってしまいます。

分子を細かくするなど吸収されやすく加工したものや、体内で合成できるようにその材料をバランスよく配合したものなど、様々な工夫がなされているものがいいでしょう。
またサプリメントの材料には色々なものが使われています。動物だったり魚介類だったりしますので、アレルギーがある人はそこもチェックしておきましょう。