コラーゲン成分配合化粧品の効果とは

化粧品の成分として、コラーゲンがよく使われているのをご存じの方は多いでしょう。
ここでは、美容に役立つこの成分についての説明をします。

コラーゲンのある成分が美容に役立つ

コラーゲンは、人の体を構成する大切なタンパク質のひとつで、肌の奥にある真皮の約7割がこのタンパク質によってできています。肌の若さにとって重要なハリや弾力性を保つのがこの成分の役割です。しかし、加齢とともにコラーゲンは減少していきます。人の体内では生成と分解が繰り返されていますが、体の老化により次第にバランスが崩れ、分解するほうが増加します。分解されて減少すると、肌は柔軟性を失いシワが増えていくのです。
減少してしまったコラーゲンを補給する方法には、食品として摂取する方法と、肌から吸収させる方法があげられます。

豚や鶏肉、フカヒレなどのコラーゲンをたっぷり含んだ食べ物や、サプリメントを摂取するように心がけるといいわけです。
肌から吸収させるためには、化粧品のスキンケアにこの成分を配合させ、ローションや乳液、クリームとして毎日肌に使うことがよいとされています。
乾燥やストレスによってもタンパク質は分解されてしまいますから、それらの対策として積極的に取り入れることが大切です。

毎日使うとより◎

毎日使っていれば、肌の乾燥は改善され、うるおいのあるふっくらとした弾力が蘇ります。エイジングケアとしても重要な成分ですから、時には、フェイスマスクにこのローションをたっぷり含ませてパックをするとよいでしょう。
顔全体にうるおいをあたえることにより、リフトアップにつながります。同時に美容成分のひとつであるヒアルロン酸を補給すれば、肌の保水力をよりアップさせることができます。ふたつの美容成分の効果で、エイジング対策の相乗効果を狙いましょう。