コラーゲンが体内に与える効果

コラーゲンとは人体の皮膚や腱や軟骨などを形成するたんぱく質の一種であり、食物ではゼラチンや鳥の皮などに多く含まれている成分です。

この栄養素が不足すると肌のたるみや関節痛などの症状起こります。コラーゲンとは年と共に体内から少なくなり不足しがちなものとなります。
現代ではこの不足しがちな栄養を補うために多くのサプリメントや栄養食品が開発されています。そんな中で摂取しても効果がないという意見も多くあります。

コラーゲンで最も効果が期待できる摂取方法とは

これは、効果がないわけではなく摂取の仕方に問題があります。
まず、一般的に栄養素が多く含まれているほうが良いと考えられることが多いですがそんなことはありません。
栄養を吸収しやすいものと吸収しにくいものの2つに区分されます。つまり、吸収しやすいものを選べば効率よく栄養素を摂取することができます。

では、吸収されやすい物を見分けるポイントを説明します。
コラーゲンペプチドと呼ばれる低分子化されたものである魚由来の栄養素と生のコラーゲンが一般的に吸収されやすいものだとされています。
プロリンという成分を含むものを選ぶと良いです。さらに、もう1つ必要な要因が栄養素を取り込む際に吸収を助ける効果のあるビタミンCやアミノ酸を同時に摂取することです。食品などから摂取することも効果的です。
コラーゲンの含有量はさほど関係はありませんが吸収されにくい栄養素を補う意味でも5000mgから10000mgほどの栄養素を摂取し、体内への吸収を促す栄養素を的確にとり、栄養素を体内に取り込み生成することが重要です。
年と共に不足しがちな栄養を摂取し、肌のたるみやシワ弾力の低下などの気になる悩みを改善し、より良い日常生活を送ることが健康へもつながります。